jidoushakogatasenpaku

税理士試験 国税徴収法

自動車、建設機械又は小型船舶【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/23

自動車、建設機械又は小型船舶  概要 税理士試験によく出るのは、事例問題も含めて自動車です。 自動車、建設機械又は小型船舶  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  自動車、建設機械又は小型船舶 以下の(A)~(c)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押手続(徴収法71条)(1)差押書の送達(徴収法71条①)自動車、建設機械又は小型船舶の差押は、 (A) に対する (B)により行う。(2)登記の嘱託(徴収法71条①)税務署長は、自動車、建設機械又は小型船舶を差し押えたときは、差押の (C) ...

ReadMore

kokuzeichoshuhozuiikeiyaku

税理士試験 国税徴収法

随意契約・国による買い入れ【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/23

随意契約・国による買い入れ  概要 入札又は競り売りの方法によるのではなく、税務署長が、買受人と価額を決定して売却する契約を随意契約といいます。 随意契約・国による買い入れ  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  随意契約・国による買い入れ 以下の(A)~(I)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣随意契約(徴収法109条①)(1)随意契約による売却の要件(徴収法109条①)次のいずれかに該当するときは、税務署長は、差押財産を (A) により売却することができる。①法令の規制を受ける財産等  ...

ReadMore

kokuzeichoushuhokoubai

税理士試験 国税徴収法

公売【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/23

公売  概要 公売はより多くの人に、関心を持ってもらい、参加を促すことによって、より高い価格での売却決定を行うことができます。公売公告による、見積価額の公表から始まり、公売の実施を経て、最高の入札価額を提示した者に売却決定を行うという一連の手続きにより行います。 公売 理論暗記 問題(穴埋め)と回答  公売 以下の(A)~(Bn)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣公売参加者の制限(徴収法108条)(1)公売参加が制限される者(徴収法108条①)税務署長は、公売への参加、買受代金の納付 ...

ReadMore

kokuzeichoshuhosaiken

税理士試験 国税徴収法

債権【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/13

債権  概要 債権の具体例は、売掛金、預貯金、給料、敷金等の請求権、貸付金などです。 債権  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  債権 以下の(A)~(h)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣債権とは債権とは、金銭又は換価に適する財産の給付を目的とする債権をいう。なお、将来生ずべき債権であっても、差押え時において契約等により債権発生の基礎としての法律関係が存在しており、かつ、その内容が明確であると認められるものは、差し押さえることができる。 2⃣差押手続(電子記録債権以外) ...

ReadMore

kokuzeichoushuhofudosan

税理士試験 国税徴収法

不動産【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/13

不動産  概要 公売を含め、不動産は試験でも非常に出題頻度が高い部分です。 不動産  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  不動産 以下の(A)~(O)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押手続(徴収法68条)(1)差押書の送達(徴収法68条①) (A) の差押は、 (B) に対する (C) により行う。(2)登記の嘱託(徴収法68条③)税務署長は、不動産を差し押えたときは、 (D) を (E) しなければならない。 (A)不動産(B)滞納者(C)差押書の送達(D)差押の登記(E)関係機 ...

ReadMore

kokuzeichoshuhodousan

税理士試験 国税徴収法

動産又は有価証券【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/12

動産又は有価証券  概要 民法86条2項では「不動産以外の物は、すべて動産とする」と規定されています。国税徴収法の「動産」は民法に規定する動産から「船舶・航空機、自動車・建設機械及び小型船舶」を除いたものをいいます。動産の具体的なものとしては、金銭、切手、家具、電化製品などです。有価証券の具体的なものとしては、受取手形、小切手、公社債券、株券などです。 動産又は有価証券  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  動産又は有価証券 以下の(A)~(S)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押手 ...

ReadMore

hikiwatashimeirei

税理士試験 国税徴収法

引渡命令を受けた第三者等の権利の保護【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/9/12

引渡命令を受けた第三者等の権利の保護  概要 第三者等の権利保護について、動産のパートでも特殊なところですが重要な規定になります。 引渡命令を受けた第三者等の権利の保護  理論暗記 問題(穴埋め)と回答  引渡命令を受けた第三者等の権利の保護 以下の(A)~(y)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣第三者の権利の尊重(徴収法49条)徴収職員は、滞納者(譲渡担保権者を含む。)の財産を差し押えるに当っては、滞納処分の執行に支障がない限り、その財産につき(A)。 (A)第三者が有する権利を害 ...

ReadMore

kabukichokuyakushodoori

不動産市況

新宿歌舞伎町の下落が著しい、令和3年第2四半期地価LOOKレポート(令和3年4月1日~令和3年7月1日)

2021/9/5

毎年四半期毎に、国土交通省不動産・建設経済局地価調査課から発表される『主要都市の高度利用地地価動向報告』、地価LOOKレポートの令和3年第2四半期(令和3年4月1日~令和3年7月1日)が8月に発表されました。 日本全国の主要都市の地区の直近3カ月の地価動向が、上昇下落の矢印で分かりやすく表示されているので、直観的に見て把握できるところに特徴があります。 また、各地区の地区動向についてについて不動産鑑定士のコメントが記載されているのも参考になります。 対象地区は、三大都市圏、地方中心都市等で内訳は、東京圏4 ...

ReadMore

shuekikangenhoukaisetu

不動産鑑定士

収益還元法をわかりやすく解説

2021/9/5

不動産の評価額を算出する時に、用いられる収益還元法について、わかりやすく解説していきます。 こんな方におすすめ 収益還元法による収益価格とはどういう価格か知りたい。 収益還元法が使われる場面はどういう時か。 収益還元法と他の手法との違いは。 収益還元法とは 収益還元法は不動産の収益性に着目して、不動産が将来生み出す純収益から不動産の価格を求める手法です。その不動産のもつ収益力から算出する価格になるので、投資家目線の価格でもあります。 わかりやすくざっくりいうと、その不動産を貸出した時に、入ってくる家賃収入 ...

ReadMore

sasiosaenokaijo

税理士試験 国税徴収法

差押の解除【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

2021/4/12

差押の解除  概要 差押の解除は、解除しなければならない場合と解除することができる場合があります。税の完納による税の消滅や超過差押、納税の猶予等との関連について覚える必要があります。 差押の解除  理論暗記 問題(穴埋め)と回答 差押の解除 以下の(A)~(Dd)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押を解除しなければならない場合(1)(A)(徴収法79条)徴収職員は、(B)。①納付、充当、更生の取消その他の理由により差押に係る(C)とき②(D)がその差押に係る(E)及び差押に係る国税 ...

ReadMore