国税徴収法

sasiosaenokaijo

税理士試験 国税徴収法

2021/4/12

差押の解除【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 差押の解除 差押の解除は、解除しなければならない場合と解除することができる場合があります。税の完納による税の消滅や超過差押、納税の猶予等との関連について覚える必要があります。 理論暗記 差押の解除 問題(穴埋め) 差押の解除 以下の(A)~(Dd)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押を解除しなければならない場合(1)(A)(徴収法79条)徴収職員は、(B)。①納付、充当、更生の取消その他の理由により差押に係る(C)とき②(D)がその差押に係る(E)及び差押に係る国税に先立つ他 ...

sasiosaenokouryoku

税理士試験 国税徴収法

2021/4/12

差押の効力【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 差押の効力 差押の効力は、処分禁止、時効更新、従物、果実、保険金等、相続等、仮差押等、担保のための仮登記がある財産、延滞税の一部免除に関する効力について把握する必要があります。 理論暗記 差押の効力 問題(穴埋め) 差押の効力 以下の(A)~(t)までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣処分禁止の効力差押財産につき、国税を徴収するために不利益となる処分は禁止される。 2⃣時効更新の効力(通則法72条③、民法147条②)差押えにより、国税の徴収権の消滅時効は、更新する。 ...

sasiosaezaisan

税理士試験 国税徴収法

2021/4/12

財産の差押え【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 財産の差押え 財産の差押えは、徴収職員が滞納者の特定の財産の処分を禁止して、換価できる状態にするための強制的な処分です。差押、換価、配当を総称して「滞納処分」といいますが、この滞納処分に関わる項目は国税徴収法の試験でも最重要箇所になります。 理論暗記 財産の差押え 問題(穴埋め) 財産の差押え 以下の❶~㉑までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣差押えの対象財産差押えができる財産は、差押えを行う時点で次の要件のすべてに該当しなければならない。(1)財産が徴収法施行地内にあること(2) ...

税理士試験 国税徴収法

2021/3/2

時効【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 時効 時効は、一定期間経過後、税金の納付義務が消滅する制度です。民法の時効等と違って、国税の徴収権は「時効だから税金を納めません」という「時効の援用」の意思表示は必要なく、時効の利益の放棄もできません。そして、時効の経過期間がリセットされる時効の更新には、民法の規定が準用されます。 理論暗記 時効 問題(穴埋め) 時効 以下の❶~❽までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣ 時効(通則法72)⑴ 国税の徴収権は、その国税の法定納期限から(❶)ことによって、(❷)する。⑵ 国税の徴収権の ...

税理士試験 国税徴収法

2021/2/28

督促【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 督促 滞納処分の差押えを行うには、前提として督促状を送達している必要があります。滞納処分までの基本的な流れは、滞納者が納期限までに納付できない場合は、その後督促状が送達され、それでも納付されない場合は差押えの処分が執行されることになります。例外として、督促状を送達せずに差押えの処分を執行する場合もあります。 理論暗記 督促 問題(穴埋め) 督促 以下の❶~⓳までの空欄に入る文言を記載しなさい。 1⃣ 督促の要件(徴収法47①、通則法37①)⑴ 原則 ① 納税者がその国税を(❶)まで(❷ ...

税理士試験 国税徴収法

2021/2/28

滞納処分の停止【税理士試験・国税徴収法・理論暗記】

概要 滞納処分は税金を徴収するための制度になりますが、現状で納付する資力がなく財産もない人もいます。その場合、滞納者の状況に応じて一定の要件を満たす場合には、滞納処分の執行停止をすることになります。徴収する側は、滞納が発生している場合、通常であれば、最終的には滞納処分を執行することになりますが、それができない場合には、執行停止をすることになります。つまり、滞納者に対して、差押え等の滞納処分を執行するか、しないか、白黒はっきりさせることになります。執行停止は、原則は一定期間滞納処分の執行を停止することになる ...